読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚記念日’s diary

22歳のとき38歳バツイチ男とデキ婚し始まったモラ生活。可哀想をアピールしたいだけの被害者にはなるな

広告

モラハラは治りません。すぐに離婚準備を始めてください。

もう、離婚したい。

でも夫が「今度こそは・・・今度こそは・・・」とチャンスをくれとお願いする。

私は、許してしまう。情があるから、子どもがいるから。

でもやっぱり毎回同じこと。いったいあと何回のチャンスをあげたらいいの。

と毎日悩んでいるあなた!!!

これでは、モラハラ夫の思うつぼです。

モラハラは治りません。治るとしたらよぼよぼの老人になったときです。

それまで、連れ添いますか?今まで散々苦しめた夫の介護ができますか?

モラハラは治りません

以前記事にしました。私の経験上、モラハラは治りません。

rikonkinenbi.hatenadiary.jp

治るのであれば、老人になって力つきたときか。あるいは短期間で元に戻ります。

完治するのであれば、モラハラが軽かったってことです。

よほどの事が無い限り治らないと思ってください。治そうとすればするほど、あなたは苦しみます。

離婚準備

「離婚」と聞いてすでに、心のどこかで『安心』してしまうあなたに離婚をオススメします。

情があっても、振り返らないでください。同じことのくり返しです。


子どもがいるなら尚さら。子どもを守るために離婚準備を始めてください。

モラハラ証拠を残す

メールでの脅迫文、尋常ではない着信履歴、会話を録音、証拠がつかめない場合は毎日日記を細かく書いていきます。
これは、離婚調停などで役に立ちます。

今後の生活について真剣に考える

モラハラ夫を追い出すことは無理に近いです。追い出したとしても、ストーカーのように追い掛け回すこともあります。だから、あなたが出る準備をしてください。

住む場所、お金、子どもの生活・・・考えることや犠牲にすることは多いですが、今の生活から抜け出したいならきっと頑張れる。


まとめ

離婚と聞いて安心するあなたはすでに足を一歩踏み入れています。

私は離婚すると決めた日から人生を楽しく感じるようになりました。悩んでいるあなたにも、楽しい人生を歩んでほしいと思いっています。